色素沈着 黒ずみ

メラニン色素がポイント

乳首黒ずみ

ここではバストの【色素沈着】と【黒ずみ】の違いについてご説明しますので、是非参考にしてみて下さい。

 

【色素沈着】

 

乳首黒ずみ

バストが色素沈着してしまうともちろん美しくは見えませんし、大抵の場合バストが老化しているように見えるものです。

 

色素沈着とはシミ・そばかす、くすみなどと同様に、皮膚にメラニン色素が染み着いて皮膚の表面に出てきた状態をいいますが、色素沈着が起きやすい人・起きにくい人というのが確かに存在します。

 

これは体質にもよるのですが、夏場など直射日光を浴びやすい季節に外に出るとすぐに日焼けをしてしまう人、黒くなりやすい人はもともと体内のメラニン色素の量が多いことから、色素沈着もしやすいのです。

 

この現象は、例えば衣服があたって擦れやすい場所、紫外線を浴びやすい場所、さらに薬品や化粧品を頻繁に塗る場所などに起こりやすく、バストもそういった場所のひとつになります。これらを予防、改善するにはいわゆるホワイトニング系の化粧品なども使いながら、皮膚のターンオーバーを高め、できるだけ色素沈着を起こさないようにすることが肝要です。

 

【黒ずみ】

 

乳首黒ずみ

色素沈着と似た現象で「黒ずみ」があります。その人の持つメラニン色素の量によってその黒ずみの程度も違ってくると言われています。

 

このメラニンが黒ずみに変わるのは、細胞におけるタンパク質生合成に使われるいくつかのアミノ酸のうちの一つであるチロシン(4-ヒドロキシフェニルアラニン)という物質が原因で、この物質をバスト内で活性化させないようにすることが予防には必要です。

 

この黒ずみもまた予防専用のクリームがあるので、その予防・改善にはそういったクリームも大いに活用しましょう。